So-net無料ブログ作成

巣鴨プリズン(Sugamo Prison) [おもわんコト]


昭和53年(1978年)にサンシャイン60は、当時、東洋一の高さ(軒高226.3メートル)を誇り開業した。もう28年の歳月を経たことになる。

この石碑は『巣鴨プリズン』と呼ばれた監獄の跡に建てられた物である。
明治28年に土地の発展を願って地元の熱心な監獄誘致運動が実り、巣鴨監獄が完成した。
まわりはのどかな畑だったそうだ。

後にここは日本の重要な役回りを担うこととなった。

戦争中には、かつてのソビエトのスパイ、リヒャルト・ゾルゲや尾崎秀実(おざき ほつみ)の死刑が執行され、共に共産家の多くが拘置された。
この頃、駅の反対側では池袋モンパルナス周辺でも共産主義が狩られたらしい。

そして、第二次大戦後の昭和20年(1945年)11月にGHQによって接収され巣鴨プリズンと呼ばれるようになった。

そう、戦犯を収容し処刑する施設となったのです。

     
     戦後
     
     現在

東京市ヶ谷において極東国際軍事裁判及び連合国戦争犯罪法廷が課した刑がこの地で執行されたのです。

この碑が建っている場所は処刑台の跡地だそうです。

また現在の公園周辺は戦犯たちの散策が許可された場所でもあったそうです。

東条英機等、A級戦犯7名、BC級戦犯53名が絞首刑になり、他にBC級戦犯1名が銃殺刑に処せられました。
A級戦犯も処刑される1948年の12月23日(天皇誕生日)まで最期の3年をここですごしました。東京裁判の法廷へもここからかよったとのこと。

処刑日を天皇誕生日にするGHQもすごいというか。。。

生き残った児玉誉士夫、小佐野健二、笹川良一はここで出合い後に昭和の黒幕として暗躍することになりましたね。


その後、GHQから返還されたのは13年後の、昭和33年(1958年)になりました。


やがて池袋も市街地化が進み、昭和46年(1971年)に現在の小菅に移転され、
跡地には池袋副都心として大きな発展のきっかけとなるサンシャインシティが建てられたわけです。
今ではのどかにランチを食べるサラリーマンやOLの姿も見られるような憩いの場所となっています。

この碑の向かいでは、乙女ロードなるものが軒を連ね、コスプレ(間違いだったら御免なさい)志願の少女が闊歩しております。


こんなことがあったなんてとても思えず、立ちつくしてしまいました。

真下ではないけれど、足下の地下には地下鉄丸ノ内線が通っております。排気口があって通過する電車の振動がわかるくらいです。



最後に、公園の片隅にひっそりとあるこの石碑の裏には

第二時世界大戦後、東京市谷において極東国際軍事裁判所が課した刑及び他の連合国戦争犯罪法廷が課した一部の刑が、この地で執行された。戦争による悲劇を再びくりかえさないため、この地を前述の遺跡とし、この碑を建立する。   昭和五十五年六月

と、記されておりました。

ここもホームレスが増えたなあ。


nice!(25)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 25

コメント 22

hanamizuki

池袋って、何度かいったことがあるのですが、こんな歴史のある街だったのですね。
サンシャインから見た景色、すごく爽快で思い出に残っています。
by hanamizuki (2006-05-19 21:07) 

マコちん

テレビでしか見た事ないけど、サンシャイン60はそんな跡地にあるんですね。
永久平和を願ってって書いてあるのに、処刑の場所だったのね・・・。
なんか複雑な気分になりますね。
GHQとか、社会で習って以来かも!
by マコちん (2006-05-19 23:16) 

モモパパ

池袋(サンシャイン付近)の歴史、初めて知りました。
その昔、サンシャインが出来るまで、霞ヶ関ビルが日本一で何かにつけ、ビル3杯分とか、例えられていましたね。
東京に住んでた頃にサンシャイン水族館も展望階までも入場料が高い!と思い入った事がありません。
大阪梅田も40年程前はホームレス(当時はルン○ンさんて呼んでた)が一杯で、一時見なくなってましたが、最近は復活してより増えてます。
by モモパパ (2006-05-20 13:17) 

ビンゴ

生物分類上の目まで一緒、科が違う感じ?(なんのでしょ)
当然サンシャインができる前の池袋を知っている訳ですが
当時 、そちらの方までは歩きませんでしたものねぇ〜
駅そばの公園で 待ち合わせをしていると 
「お嬢ちゃん こんなところにいると つれてかれるよ〜」っと
手配師のおじさんに言われた事があり  気づくとまわりはその手の人ばかり・・・・
なんてこと、ありました。
スキン かわいい〜〜〜〜(>_<)
by ビンゴ (2006-05-20 14:30) 

ichiko

ホント、かわいいー。

このblogを読まなかったら、知らずじまいだったかもなぁ。。
池袋にはちょっとだけ、カンツォーネを習いに行ってました。
イタリア語でなかったのですぐにやめてしまいましたが。。。
乙女ロードの執事、気になります。一度くらいは覗いて
見たいかも(笑)
by ichiko (2006-05-20 17:31) 

knacke

スキンがかわいい〜!!
池袋に、そんな歴史があったなんて、始めて知りました。
乙女ロード、乙女としては、ちょっといってみたいです。ムハハ。
by knacke (2006-05-20 22:03) 

従者

巣鴨プリズン。
そういうものがあったということは知っていましたが、
(それも、小説の中に出てきたときに初めてしりましたが)
それがまさかサンシャインのところだったとは思いもよりませんでした。
韓国問題が報じられる度に思うのです。日本は歴史を封印しすぎだ、と。
例えそれが米国による強制だったとしても、もうそろそろきちんと・・・。
by 従者 (2006-05-20 22:34) 

不可能姉妹

小学生の時サンシャインができて
ここいらへんの子供にとっては夢の遊び場でした。
この公園でもよく遊び、この石碑にもよく手を合わせたな〜
オバケがでるって有名だったから........。
じいちゃん&ばあちゃんによく巣鴨プリズンの話を聞きました。
by姉
by 不可能姉妹 (2006-05-21 00:03) 

モモパパ

やっと気付きましたが、スキンがカワイくなりましたね〜^o^
ヴォイスくん、ちょっとちっちゃくないですか〜?!
by モモパパ (2006-05-21 11:14) 

戦犯もその能力を平和的に使っていたらすごい人たちだったろうに。
by (2006-05-21 14:42) 

春分

昭和33年はもはや戦後ではなかったはずではないのやら
by 春分 (2006-05-21 22:33) 

GUSUKO-BUDORI

巣鴨プリズンそれ自体が…
アンタッチャブルになってしまった戦後。
戦争を裁く権利って、人にあるんでしょうか?
by GUSUKO-BUDORI (2006-05-22 01:13) 

はなこさん

平和の有り難さを忘れがちな今、考えさせられました。
by はなこさん (2006-05-22 07:20) 

猫ふみふみ

スキンがとっても可愛いです♪
巣鴨プリズン・・・史実は、興味をもって聞かないと、
いくら教科書に書いてあっても、ただ耳を素通りしてしまいますね。
歴史の場所に立ってみる「百聞は一見に如かず」は
本当に、なんかこう、心にくるものがありますね。
by 猫ふみふみ (2006-05-22 11:30) 

hana

サンシャインはもう28年の歳月を経たことになりますか。
そうなんですよね。私が池袋に勤めていた頃、巣鴨プリンスの後に大きなビルが建つと聞いていました。
そんなに遠いところではないのですが、今は殆ど行くチャンスがありません。
水族館には行ってみたいと思いますが....
by hana (2006-05-22 17:12) 

スキンはきゃわゆいけど・・・サイドバーのもんもんのおっさん・・・誰? ちょっと懐かしい画像・・・お気に入りなのね。
巣鴨プリズンは巣鴨にあるんだと思っていたけど・・・ぶくろだったの? 跡地だったとは私もしらなんだ。
巣鴨サンシャインになぜしなかったのか? そこってホントはどっちなのかしら?
生き残った人達・・・悪いけど、イメージ悪い。
あの狂気の時代には2度と戻ってはいかんです。
by (2006-05-22 23:20) 

りちこ

刑務所がまるまるサンシャインに変わったんですね。
この前の上京でちら見したサンシャインの歴史、初めて知りました。
教科書で習った歴史がすぐそばにあるんですね。
スキン、可愛いですね~♡笑ってます^^
by りちこ (2006-05-23 20:17) 

Takabee

東京にはまだまだ知らない歴史がたくさんあるんでしょうね。
何年後かの人たちに、
ちゃんと理解してもらえる、覚えてもらえるような
歴史をつくっておきたいです。
な〜に、言ってんだか。。。
by Takabee (2006-05-25 01:00) 

sera

サンシャイン辺りはよく行きますが、
石碑のことは全然知らなかった、、、、歴史も、、
バナーはきれいですね~(^_^)v
by sera (2006-05-25 19:58) 

masa63

サイドバーの池袋の人がどうしても気になる・・・(笑)
by masa63 (2006-05-26 17:35) 

いまやそんな事を知っているという方は少なくなったのでしょうね。。
by (2006-05-27 21:01) 

Jun-cyan

サンシャインの出来た年生まれです。
実家は旧称:日ノ出町
幼い頃亡き祖父母にサンシャインに向かって「ノンノさんするんんだよ~」って言われて育ちましたが。
あーこう言う事でしたかー。
地元人でも若い世代は知らないでしょうねー。
by Jun-cyan (2012-11-11 05:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。